うちのふうふとエイトのこと。

黒トイプーのエイトや車。ふうふの日常について。

雑記

私は最強。

今日、新しい車が納車されました。生憎天気には恵まれず、雨だったのはだんなの日頃の行いが宜しくないためでしょうか。今回選んだ車は、現時点で2立4気筒の内燃機では世界最強の出力だそうで、静止状態から時速100kmに達するのに要する時間は4.3秒。アルフ…

真打ち後から。

先月の記事ですが。「死神大魔王」と謂う柿の種が、期待を大きく下回る辛さで大変残念であったとご報告致しました。さて暫くを置きまして、近間の商店で「日本一辛い黄金一味」なるものを購いました。而してその実力や如何に。 結句、絶佳なり。日本一辛いに…

扮装するエイト。

むう。いつもお世話になっている調髪師の方に乞われて、斯様な装束を身に纏ったものの、今ひとつ次第が呑み込めておらぬのだが。もし、忠僕よ、だんなよ。この装束にはどう謂った由緒があるのかしらん。ふむ、ハロウィンとな。吾輩の記憶が慥かであれば、ケ…

名付けてリテラタ警備隊。

前回の記事で、今後の世情や経済動向について過去の偉人の考えを借りて読み解きたい、と書きました。債権や株式の価値は下がり、為替相場も大きく変動した直近の様相に鑑みると、家族や家庭の私産は自分で守る必要があるのでしょう。脳味噌も財布尻も軽いだ…

世を經め民を濟ふ。

よをさだめ、たみをすくう。経世済民、経済の語源とされています。世相は乱れ、世界の債権や株式の価値は急減し、直近半年で世界の国内総生産の約半分である44兆ドルを喪ったそうです。おそらく当面は世も定まらず、民を救う妙案も生まれないのではないでし…

元気があれば。

そう、元気があれば何でもできる。 衷心よりお悔やみ申し上げます。

歯はいのち。

忠僕であるだんなよ。歯周のことで悩んでおるようだな。主のつとめとして助け舟を出そうではないか。吾輩は毎食後おくさんに歯の手入れをして頂いておる。お陰様で良い具合だ。ありがとうございます。 忠僕も使って良いぞ。

ポケットの中には。

ビスケットがひとつ。ポケットをたたくとビスケットはふたつ。 そんな不思議なポケットを、だんなも持っています。その名は「歯周ポケット」。類稀な自律性により自働で拡張を続けた結果、収納量は刮目相待する水準を遥かに凌駕しました。ドラ○もんの四次元…

自由な人間。

日乗会話に於いては、宗教は避けるべき話題とされていますが、昨今の報道では多く扱われる行きがかりとなってしまいました。頻繁に耳目にする度に、思い起こす言葉があります。 アメリカの社会哲学者で、正規の学校教育を一度も受けず、軈て思想家として世に…

十三と千。

石田千さんの「箸もてば」。なんとも嫋やかな麗筆で、めし、さけ、おかずの湯気や芳気がふうわりとして芬芬と漂ってくるようです。いずれも美味しそうが詰まった掌編なのですが、格別興味を抱いたのはきゅうりサンド。 きのうの晩は、あげものとポテトサラダ…

慎始敬終。

愛媛県に本店を置く和菓子屋、山田屋まんじゅうの一口饅頭。妹からの到来物です。0.1ミリの薄皮は舌に触れるとすうと溶けて、上品な甘さの餡子がふわりとこわれて広がります。ほんとうに小さいけれど、ひとつで濃いお茶がいっぱいこわくなる。美味しい和菓子…

百代の過客。

今日は父の月命日。来月の今日は祥月命日、そして三回忌になります。法事の差配、母の相続手続などを日乗の諸諸とともに、淡々と処していく。時が流れて日乗が幾重に変わり、寂しい月日が俟っていたとしても、薄情にはならずにいよう。我にも柄にもありませ…

50-11 ラルフローレン ポロ ブルー オードトワレ。

40歳を過ぎた頃から、だんなは一日として絶えず立ち向かっている敵手がいます。その名は「加齢臭」。抑、30代以降に嗅がれる男性特有の臭いは加齢臭とは原因物質が異なります。ために、だんなは二つの因縁による鼻つまみ者となっているわけです。 臭いを臭い…

母の手帖。

今週のお題「はてな手帳出し」 手帳出し、という言葉はだんなの語彙にはありません。ために、相変わらず今週のお題の解題は出来ませんが、ふと生前母が使っていた手帖を出して何とはなしにぱらぱらと、見るでもなしに。亡くなった日の翌月にもぽつりぽつりと…

断捨離するエイト。

お気に入りのおもちゃをクッションから出してしまったエイト。 断捨離? うん? 「お前も少しは部屋を整理したらどうだ」ですと? 失礼致しました。

真実は天使の匙加減。

日本には2,000以上のゴルフコースがあるそうです。中で唯一「施工者不明」とされているのが、富士屋ホテル仙石ゴルフコース。神奈川県箱根町にある富士屋ホテル経営者の発案により1917年に開場しました。皇太子時代、夏になると該ホテルの別邸に長期滞在され…

さらば愛しき車よ。

アルファロメオ4cスパイダーと謂う車は、積載能力という点に於いて極めて不甲斐ないこと甚だしい。加うるに、荷室に内燃機が接しており、ために購った鰹の刺身なぞ入れようものなら、帰宅した時には「たたき」になってしまいます。走行性能には長けていても…

嫌嫌期のエイト。

今回のトリミングでは、いつもと違う反応を見せたエイト。お座りをしたまま、動かなくなってしまいました。嫌嫌期かな。 それでも洗髪調髪しながら転た寝をしていたとか。さっぱりして、気持ち良かったのかな。お迎えに行くと、一生懸命尻尾を振りながら走り…

月がとっても美味いから。

古来、一年のうち最も美しいと謂われる仲秋の名月。今年は確と満ち月となるようですが、今宵の空に見られるのでしょうか。 ふうふは夜を俟たずに弁えの無い月見です。 仲秋や片餉を照らす陰ふたつ

愛犬の誂え品 其之参。

このグッズは今回の撮影会限定です、と謂われて註文してしまいました。ふうふは「限定」に抗う耐性が度外れて脆弱なのです。エイトの誂え品披露も今回で手仕舞いです。親莫迦ちゃんりん、蕎麦屋の風鈴。お付き合いありがとうございました。

そりゃないでごじゃるよ。

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。ではなく。久し振りに訪った公園で見つけた風変わりな自動販売機。柿の種、しかも只ならず格別辛そうな物件ばかり集結しています。ふうふは話の種にと、威圧感夥しい重言の役職者「死神大魔王」を購いました。早速に…

電車道。

近間の百貨店でおくさんが贖ってくれました。痛風列車に乗ってしまったかな。降りる勇気はありませんけれども。

ケ セラ セラ。

1956年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督作品「知りすぎていた男」の挿入曲で、第29回アカデミー賞歌曲賞を授賞された声楽「ケセラセラ」。劇中終盤では母親が放歌高唱し、誘拐された息子を救出する端緒となる重要な役向きを担った隠れもない名曲…

愛犬の誂え品 其之弐。

エイトの写真集。セピア調の表紙がいきですなあ。親莫迦ちゃんりん、蕎麦屋の風鈴。

愛犬の誂え品 其之壱。

註文していたエイトのグッズが出来上がりました。皆様には一瞥もされないことを承知で記事を出稿させて頂きます。加うるに、無意味に物惜しみして小出しに致します。親莫迦ちゃんりん、蕎麦屋の風鈴。

皆と未来。

みなとみらいに行きました。もう秋の風が吹いている。寒くなるまでに風向きが良くなりますように。 共雀大水に入り蛤となる

瞥見。

富士スピードウェイのイベントをチラ見してきました。今回のイベントではパドックに犬を同伴できなかったのです。ために、ちょっとだけよ。

世界犬の日。

脳の軽い吾が忠僕は知らないであろうが、今日は世界犬の日なのだ。いつも以上に私を敬い、褒めちぎることを許可する。馬肉ジャーキーを貰ってやっても良いぞ。抱っこしても良いのだぞ。そうか、散歩に付き合ってほしいのか。仕方あるまい。これも主としての…

居酒屋。

コロナ禍で旅行や外吞みもできない中、この本は心を軽くしてくれます。

野に一面の向日葵を。

ロシアがウクライナに侵攻して半年が経ちました。軍事侵攻が侵略に、そして戦争犯罪に変容し、世界の物事も様変わりし続けています。緊張は興起し、戦火の途絶は見えません。ロシアの暴虐は国際社会への挑戦だと謂われています。厄介なのは、挑戦者は一つの…